メインイメージ

解体業者の判断

解体工事の工程から見る業者の判断

どんなものにも順序があるように解体工事においては工程としてその工事の進行方法が示されています。実際に建造物という大きな物体を解体していく作業ですので、こうした工程の存在というのは重要です。そして解体の業者を選ぶに当たってはこの工程がどのようになっているかもいいところか悪いところかを見極める大事な要素となっています。では判断材料としてはどのようなところを見たらよいでしょうか。まず確認することとして工事を始める前に近隣の住民に挨拶しにいくかどうかです。解体作業によるトラブルというのは大抵はこうした事前の挨拶がないからこそ起こることが多いです、この要素は判断材料としてはとても参考になるものであり、こうした配慮ができるかどうかでいい業者かどうかというのは簡単に見抜くことができます。少なくともこの事前の挨拶ができないところはそうした近隣への配慮が欠けているものとしてまず信用できないと思った方がいいでしょう。ただ、これは当たり前のこととしていて業者によっては記載自体していないということがありますので、記載がされていないからといって悪い業者であるとは言い切れません。次に解体工事をする際に防音パネル等を設置する作業があるかを確認しておきましょう。こちらも前途したものと同じく近隣への配慮を考えたものです、これをしないとまず騒音や振動による被害が比ではないものとなってしまいます。なのでこうしたものを設置することを作業に組み込んでいないところもあまり信用できないでしょう。こちらはもう工事の作業には組み込まれているので、これをするかどうかは大抵は記載がされているものではあります。ただ記載されていてもなんらかの条件をつけて設置するかどうかを決めているといったところもあるので、実際に依頼する前にそうした条件等を確認して信用できるところかどうかを判断しましょう。そして次に解体工事の際に出た廃棄物をどうしているかです。大抵は工事終了後にどこに廃棄物を処理するかどうかというのは記載されているものです。逆にこれが曖昧な場合には不法投棄をしている可能性があります。もしそうなると業者はともかく、依頼した人へも損害が来るので、この辺りの処理はどうしているかをしっかりと確認しておきましょう。共通してこうして怪しい業者というのは工程の記載が曖昧であることが多いです、なのでその記載されている内容で本当に書かれているべきことが書かれているかということを確認しておきましょう。そしてもちろんただ見るだけでなく時には業者から聞くことも大事です。